先生

皮膚科で出来る治療とは|ツルピカ美肌誕生秘話

生活習慣を変える

皮膚科の受診が推奨されています

看護師

アトピー性皮膚炎は、原因不明の皮膚炎が一定期間以上続く状態を指し、悩んでいる方の多い皮膚病で、老若男女問わずかかる可能性があるとされています。特効薬は開発されておらず、薬でコントロールしたり、体質改善を試みるなど、多くの医薬品や化粧品メーカーなどから薬やケア用の化粧品などが販売されています。 アトピー性皮膚炎の症状が出た場合は、皮膚科専門医への受診が推奨されています。皮膚科では外用薬による症状のコントロールや、生活指導などが行われ、漢方薬やサプリメントの内服による治療が行われることもあります。アトピー性皮膚炎の治療は、病院によって治療方法が異なることがあるので、いくつか皮膚科を受診し、自分の症状に合った治療を選ぶ方法を取ることも可能です。

生活習慣を見直すメリット

アトピー性皮膚炎を改善させるためには、外用薬だけでなく、生活習慣の見直しも推奨されています。 アトピー性皮膚炎はアレルギー症状の一種と考えられており、洗濯洗剤による症状の悪化を防ぐため、昔ながらの粉石けんや、アトピー用洗剤を使用することで、症状が出にくくなるというケースがあります。 又、食生活もアトピー性皮膚炎の改善のためには重要視されており、野菜や繊維質、植物性タンパク質などをバランスよく摂取し、ジャンクフードや酸化した油脂を含む食べ物を控えるなどの取り組みで、アトピー性皮膚炎が改善する場合があることが認められています。 又、早寝早起きで自律神経を整えるなど、生活習慣に気を付けることも、アトピー改善の近道と考えられています。